本当にドアップをやってよかったって思って。本当に明るくなって妻が喜んでいるのでそれがうれしいですよね。

本当にドアップをやってよかったって思って。本当に明るくなって妻が喜んでいるのでそれがうれしいですよね。

INTERVIEW 04
神奈川県 K様

ご自宅を建てる際のこだわりポイントは?

奥さま:ここは北側道路なんです。南側にお家があって、普通だったら2階にリビングを置かないと光が入らないんですけど、家に人が来るような仕事をしているのでどうしても1階リビングにしたくて。
半年くらいかけて、北側道路でも光が入るような設計をしてくれるところを探したんです。最終的に5社くらいに絞った中で、プランニング重視だった現在の工務店さんに決めました。階段の上に天窓をつけてそこから光が落ちる仕組みで、階段が明り取りになる工夫をしてくれました。

フルハイトドアを知ったきっかけは?

奥さま:工務店さんから、わが社の売りは・・・っていう感じでフルハイトドアを使われていて、あ~そんなドアがあるんだっていう感じでした。その工務店さんでフルハイトドアの様子を見てから違う工務店のお家を見ると、あーなんか上のこれ(下がり壁)が妙に、なんか邪魔だなって思って。

フルハイトドアを使ってみて実感したことはございますか?

奥さま:実際に住んですっきりしているのと、天井が続いていて床も続いているので、空間が仕切られていない感じですごく広く感じます。もう大好きです。本当に!
旦那さま:家を建てるときに妻の希望で天井を高くしたんですが、それがまた活かされているなっていう。
僕も、こういうドアの家に初めて住むんですが、やはり他の家に行ったときにうちのドアのほうがいいなって思いますね(笑)

ドアップを知ったきっかけは?

旦那さま:工務店にお願いした時にドアップの話は聞いていたんですが、壊れた時のメンテナンスみたいな感じなのかなぁと考えていまた。そういうのがあるんですね、いいですねという感じで聞いていて、必要も感じていなかったし、自分たちが使うとはその時にはまったく思っていなかったですね

ドアップしようと思ったのは?

奥さま:設計段階では気付かなかったのですが、住んでみてから明り取りの階段の前にあるドアを閉めるとリビングに光が入らないということがわかりました。春と秋は開けっ放しで過ごせるからいいんですけど、冬と夏はクーラーとか暖房でドアを閉めるのでこんなに暗くなっちゃうんだって。
「このドアにガラスが入ればいいのにな」って思ってたんですけど、それを工務店の人にいってみたら、こういうサービスがありますよって聞いて。その時はもうドアップの事は忘れてしまっていたので、すごいびっくりして「もう是非やりたいです!」って。

お誕生日のプレゼントにドアップ!

奥さま:ドアを変えることは私のお誕生日プレゼントだったんです。(笑)
誕生日プレゼント何がいいって聞かれて、「ドアをドアップしたい!」って言って。
すごいお誕生日プレゼント!すごい快適に暮らせてるんで!

ご主人:定価の値段をみたらこれは自分で結構だなって思うんですけど、ドアップの値段をみたら安く感じてこれだったらいいかなって(笑)

ドアップするにあたって気になっていたこと・・・

旦那さま:ドアが送られてくるんですけど、取り替えた後、元のドアはいつ返せるのかなとか、それまで置いておく場所が家にあるかなとか、また、妻と二人だけでできるのかなとか、最初はそういう不安はやっぱりありましたね。でも資料の中にも書いてあったし、問い合わせをしてにどういう風にやるのか確認できたので、事前にある程度解消できました。
また、今回2枚のドアだったので、どれを選んだらいいのか最初わからなかったんですが、メールの申し込みで確認したらすぐ教えてもらえて。
奥さま:すごく詳しく教えていただけたので、解りやすかったです。

KAMIYAの工場でドアップの練習体験はいかがでしたか?

旦那さま:家のドアは吊られているので重さもわからないですし、妻と二人で本当に出来るのかなって心配でしたね。実際練習に行かせてもらったときに、あ、こんなに重いんだってわかったし、どうしたら出来るのか一回練習できたので安心感につながりましたね。

ドアップしてみてのご感想は?

旦那さま:本当にやってよかったって思って。値段っていうのもあるんですけど本当明るくなって妻が喜んでいるのでそれがうれしいですよね。寝るときに子供が上に上がっていくんですけど、ドアを閉めてもガラスドアの向こうからバイバイってやっているので、あ~良かったなって思いますね。
奥さま:たくさんお友達が子連れで来た時に閉めても子供が動いている様子がわかるので、あ今上行ったとか下行ったとか、様子が見て取れてよかったです。何より光ですよね。本当明るくなりました。

次はペットドアにドアップ!?

奥さま:もし猫とかをかったら、ドアを付けるのを次はやりたいなって(笑)
お子さま:お誕生日プレゼントは猫かな!
奥さま:(子どもが)猫がほしくてしょうがないんです(笑)その時は気軽に出来ることも知ってますし!


 

– products –
ご採用いただいたフルハイトドア

CUBE

何度でも利用できるお手軽な着せ替えサービス「ドアップ」