2018年「家づくりブランド化戦略セミナー」を振り返って

2018年KAMIYA「家づくりブランド化戦略セミナー」の振り返りと来年からスタートする新しい実践セミナーについてご紹介します。

 

2018年「家づくりブランド化戦略セミナー」を振り返って

 

金沢で開催されたセミナーの様子

 

神谷コーポレーションの長尾です。

今年も残すところ一か月となりました。一年がたつのは、ほんとうにあっという間ですね。
心も街もせわしなくなる師走。皆様はいかがおすごしでしょうか?

今年最後のブログでは、KAMIYAが開催しております「家づくりブランド化戦略セミナー」の内容や参加者の反響を振り返りながら、来年さらに進化する実践セミナーのご紹介ついてお話したいと思います。
それでは本題に入る前に・・・まずは11月31日に国土交通省から発表された全国建築着工数についてご報告です。

国土交通省が発表した2018年10月の新設住宅着工戸数

全国新設住宅着工の推移(2018年11月30日公表)

国土交通省は2018年10月分の新設住宅戸数動向を11月31日付で公表しました。

前月9月分では昨対-1.5%だったものの、10月分では前年同月比0・3%増の8万3330戸となり前月の減少から反転となりました。
着工数は2か月連続で前月を上回っておりますが、報道によりますと来年10月に予定されている消費増税前の駆け込み需要による増加についての明確な言及はなかったようです。

 

しかし増税後の住宅市場の冷え込みを防ぐため、自民党は「平成31年度税制改正大綱」で、増税後に住宅を購入した場合、「住宅ローン減税」を受けられる期間を3年間延長しその期間内最大で建物価格の2%を減税する案を決定し実施がほぼ確定的となりました。

2020年に東京オリンピックなどの大きなイベントを控えてるとはいえ、やはり消費増税後の景気の陰りは大変気になるところではないでしょうか。

「景気に左右されない経営」、「他社との差別化」、「商売の武器となる独創性」など、今後の社会においては確実に必要となる時代が近づいてきている感覚がじわじわと現実になってきている気がします。

KAMIYAの「家づくりブランド化戦略セミナー」では、そんな社会情勢に左右されない「独自のブランド化を図るにはどうするか?」を中心とした考え方についてお伝えしています。

2018「家づくりブランド化戦略セミナー」を振り返って・・・

これまでこのセミナーにはおよそ100社の200名以上の方々ににご参加いただきました。
このブランド化セミナーは少人数制に拘っていて、聞いていただくというよりもご参加いただいたお客様と一緒に現状の確認や、将来どうしていくかということを話し合っております。
参加された方々のご感想としては、

「すごい参考になった」
「自社の強みを見直すことが出来た」
「これからの戦い方を考えるヒントになった」
社長様より「社員にも聞かせたい」

という感想を多くいただいております。
セミナーでは差別化って何?という基本的な話から、具体的な差別化の作り方の方法。そして差別化をした上で必ず行わなければならない経営判断。ということに重点を置き展開していきます。

セミナーのダイジェスト動画視聴

セミナーに参加されている工務店様は、すでにフルハイトドアを採用されている会社もいらっしゃいますが、これから検討してみたいというお客様の参加も多く、ご興味がある方には是非ご参加いただきたいと思っております。

セミナーを始めた理由・・・

KAMIYAがこのセミナーを始めた理由としては、当社の営業は少数精鋭で活動しており、営業マン1人あたり年間で500件越える全国の工務店様とお会いしております。
その中で”全国の売れている工務店様””調子が悪い工務店様の傾向”。そして皆さまが1番気になる”売れている工務店様は一体何をやっているか?”
ということについて毎日営業活動を重ねていく中で、我々にも非常に参考になる共通点が見えてきました
実際に好調な業績を上げている工務店様数社に許可をいただき具体的に何をしているのか?、共通点を我々で分析してお伝えしているんです。

もちろん成功例を実践することは簡単なことでは有りませんので、セミナーに参加すれば直ぐ効果が出るものでも有りません。
でも実践する価値はあると思います。

フルハイトドアのブランド化

現に当社も売れている工務店様同様に、脱下請けの合言葉の元「フルハイトドア」というブランド商品を創り大手ハウスメーカーからの下請けを脱却し今のブランドメーカーを確立した実績が有りますので、フルハイトドアをブランド化するなかで培った差別化のノウハウもお伝えできると思っております。

今後厳しくなる住宅業界を本気で生き抜こうとお考えになっている工務店様にはフルハイトドアを採用する、しないは別として、たった2~3時間のセミナーですので、一度ご参加していただいてご判断していただきたいと思います。

現状の殻を打ち破る!

これまでの住宅業界は棟数を増やすことが業界のステイタスであった思います。
でもそこでお考えいただきたいのが・・・

棟数を増やせば人件費も多く掛かりる
その分クレームも増えリスクも増えていく

ということなんです。
住宅市場が伸びている時代であれば量を増やすということも1つの選択肢ですが、いまは住宅市場が縮小している時代。
棟数を増やすことが全てじゃないということを理解しているようで、理解できていない方が本当に多いんです。

量を取る為に結局低価格路線に走り、使う商材や提案する家の品質はどんどん低下し、結局独自性を失い他社との差別化が取れないことから
価格競争が激しくなり更にコストダウンをしなければならない・・・という負のスパイラルに陥ってしまう。
負のスパイラルから抜け出す、入りこまない為のきっかけになる価値ある情報をお届けできると考えています。

新しい実践セミナー
「建築家と考える住宅デザイン実践会」

(※仮称)

更に契約ビルダー様限定になりますがこの家づくりのブランド化戦略セミナーのフォローアップとして来年春以降は、工務店様の新商品ネタや今の商品のブラッシュアップに役立つ
仮称「建築家と考える住宅デザイン実践会」を開催していく予定にしています。

弊社とお付き合いのある著名なアトリエ系建築家をお招きして、デザインの独自性を図るコツや設計への拘り何かをお伝えできればと思っております。
もしかしたら建築家と工務店様でのコラボレーションなど発展性のあるきっかけにもなるかもしれません。

厳しい時代を生き抜くためにも「家づくりのブランド化戦略セミナー」の今後にご期待ください。

 

家づくりのブランド化戦略セミナー
2019年1月~3月、横浜・北関東・名古屋・大阪・名古屋・大阪・金沢・香川で開催

 

開催概要

横浜ショールーム

横浜市西区高島2-19-2 横浜神谷ビル8階
TEL 045-451-0234

時間
1月 29日(火) 14:00~16:00
2月 12日(火)、26日(火) 14:00~16:00
3月 12日(火)、26日(火) 14:00~16:00

北関東第一工場

栃木県鹿沼市武子1088-15
TEL 0463-94-6203 伊勢原オフィス営業課 佐藤

時間
2月 21日(木) 14:00~16:00
3月 22日(金) 14:00~16:00

名古屋ショールーム

愛知県名古屋市中区錦1-6-10 SUZU1ビル
TEL 052-212-6987

時間
1月 10日(木)、17日(木)
24日(木)、31日(木)
14:00~16:00
2月 7日(木)、14日(木)
21日(木)、28日(木)
14:00~16:00
3月 7日(木)、14日(木)
28日(木)
14:00~16:00

大阪ショールーム

大阪府大阪市中央区安土町1-5-9
ゼニヤベストビル2F カドヤ(株)内
TEL 06-6615-8371

時間
2月 28日(木) 14:00~16:00

金沢ショールーム

石川県金沢市湊3-62 黒崎産業(株)内
TEL 076-238-9300

時間
3月 1日(金) 14:00~16:00

香川ショールーム

香川県三豊市詫間町詫間890-1
(株)喜田建材 DEMI1/2 内
TEL 090-4504-8630

時間
2月 25日(月) 14:00~16:00

お申し込み

本セミナーについてのご質問は下記までお問合せをお願いいたします。

問合せ先

営業部 営業課 佐藤
電話番号:0463-94-6203
メールアドレス: sato-chikage@kamiya-yokohama.co.jp