ドアの色はどうやって選んだら良いの?

床とドアの色合わせについて

こんにちは。神谷コーポレーションの水島美佐子です。

日頃、ショールームでお客様にお話を伺うと、多くの方が悩まれるのはやはりドアの色!

自宅のドアを選ぶこと自体は楽しいですがいざ決めなくてはならない時に、壁紙や床の色とどう合わせたらよいのかイメージがつかなかったり、迷ってしまってなかなか決められない……、なんていう方も多いはず。

そこで、今回は床とドア、そしてクロスの色の組み合わせについてご紹介します。

ドアと床の色を同系色にした場合

<メリット>
●ドアと床という大きな面積を占める色が同じトーンだと、お部屋のインテリアに統一感が出ます。
統一されすぎてぼんやりした印象の時は小物やインテリアで刺し色を。

施工例① ドアと床の色が同系色の淡いトーン

ドアも床も淡色系のナチュラルトーンで統一され、優しく落ち着いた印象です。クロスも白系で全体がワントーンな印象になっており、淡い色で床やドアを統一するとお部屋が広く見える効果もありますのであまり広さを取れない洗面所のような場所にはぴったりですね。

施工例② ドアと床がダークな同系色のトーン

ドアも床もやや赤味がかったダーク系のブラウンのこのお部屋は、シックで高級感があります。
クロスやキッチン、さらにキッチンのバックセットまで白で統一され、白とダークブラウンの2色のお部屋になっているので、そこにもってくる家具や小物などの色味のチョイスでお部屋の雰囲気が色々楽しめそうです。

施工例③ 3つのトーンのグレー色で統一されたお部屋

こちらはドアと床だけでなく壁もグレー色で統一されたお部屋です。同じグレー系の色でも濃淡を変えることで3色のグレー色がバランスがよく配置され、個性的でとてもハイセンスなお部屋となっています。小物の白が良いアクセントになっていますが、黒のアイアン調の家具などもとても似合いそうです。

ドアと床の色を変えた場合

<メリット>
●ドアがお部屋のアクセントになり締まった印象になります。

施工例④白い床にドアがダークなカラーのお部屋

こちらのお部屋は床は白系の床にダークな色の扉を選んでいて、天井も床もクロスも白系のお部屋の中でドアがとてもお洒落なアクセントになっています。このような色バランスの場合、家具や小物はドアと同系色にすると統一感も出て、とてもお洒落な印象になります。

施工例⑤壁のように見える白いクローゼットにナチュラル系の床

こちらは前出の施工例④とは逆にドアやクローゼット、家具などをすべて白で統一してナチュラル系の床と合わせています。明るくてとても素敵なお部屋ですね!高さが天井まであるのでクローゼットが壁面化され、白い壁のように見えるのでとてもすっきり見えますし、小物のグリーンと赤の指し色がとてもよく映えます。

 

いかがでしたでしょうか。

ドアと床の色を同系色にすると落ち着いた雰囲気で統一感がでますし、違う色を選んでもお洒落なお部屋作りができます。

ドアは単なる出入り口の道具というだけでなく、実はお部屋のインテリアに大きく関わるアイテムであり、やはり壁・床・ドアというお部屋を構成する要素の色バランスがとても大切なんですね。

一から色バランスを考えるのはけっこう大変という方も多いと思いますので、色々な施工例を見て好みに合うテイストのものを参考にしながら、どんなイメージのお部屋にしたいのか、またそのために、どんな色でどんなテイストの家具を入れたいかなども含めて考えられると選びやすいですね。

KAMIYA公式ホームページには施工例をシリーズ別や目的別に探せる『施工例検索』がありますのでぜひ参考になさってください^^

施工例検索はこちらから↓↓↓
https://www.kamiya-yokohama.co.jp/image_cases/index.php