3種類のKAMIYAドアストッパーの違い、ご存知ですか?

 

皆さんKAMIYAの3種類あるドアストッパーの違いってご存知ですか?

ドアストッパーとはドアが閉まらないよう止めておいたり、開けた時に直接壁や家具を傷つけないように守る役割のある金物です。多くの方がご自宅で使用しているのではないでしょうか・・・
そこで!本日はKAMIYAが採用している3種類のドアストッパーの違いについてお話します(^^♪

まずは・・・

【ワンモーション付きマグネットストッパー】
ストッパーにくっ付けた状態からグッと奥へ押すとロックが外れてドアが閉まるようになります。
ロックはかかりますし、解除する際はワンモーションで済むので簡単です(^^)

   

 

【ボタンロック付きマグネットストッパー】

ロックを外すときはボダンを押さないと解除できないので、風が吹いたり手で押したりと力が加わっても簡単にドアが閉まってしまうことがありません。マンション高層階など風が強く吹くお部屋や、長時間空けておく必要があるお部屋、またお子さんに閉めてほしくないお部屋の時などにオススメです♪

     

【マグネットストッパー】

マグネットの力のみでストッパーの受け部分にくっつきます。
特別なアクションはいらないので片手で簡単にドアを閉めることができるため扱いやすいですよ♪

     

以上が3種類のマグネットストッパーです。またハンドルやヒンジカバーなど他の金物と色合わせができるようにそれぞれクローム、サテンニッケル、ブラック、ホワイトと4色のカラーバリエーションでご用意しています♪セレクト金物の色を合わせるととってもスタイリッシュになります^^
また、ストッパーの他に床付け戸当たりやロケット戸当たりなどお洒落なデザインの戸当たりもご用意しています。


※戸当たりタイプのカラーバリエーションは2色です。

是非お好みや用途に合わせて選んでみてください(^^)

ドアストッパーや戸当たり、他周辺部材はこちらのWebカタログからご覧になれます。
↓↓↓
https://www.kamiya-yokohama.co.jp/catalog/