「ドアノブがぐらぐらしませんか?」自分で出来る調整方法の紹介①

皆さん、こんにちは。ドア専門メーカー神谷コーポレーションのアラフォー設計課長 奈良慶弥です。
製造現場で10年勤めた後、設計業務を6年行っており、ドアの知識なら誰にも負けないと自負しています。

普段生活している中で家の中のちょっとした不具合。実は皆さん自身で解消できることもあるので、そんな情報をお届けして参ります。

第一回目の今日は、ドアノブの調整方法についてご紹介したいと思います。

リビングやトイレなど、生活の導線上で毎日何度も開閉するドアは、使っているうちにドアノブ(レバーハンドルとも言います)のネジが緩んでぐらつくようになる事があります。
もしかしたら皆さんのお宅にもぐらついているハンドルがあるかもしれません。

一般的に住宅に20年住む想定でドアは20万回開閉すると言われています。メーカーでは大抵10万回の開閉試験を行っていますが当社では20万回の開閉試験をクリアしたドアを出荷しています。

そこで本日は、ドアノブのぐらつきを直す方法についてお伝えしたいと思います。

 

ぐらつきの原因は大きく2つが考えられます。

①ハンドルレバーの緩み
②台座のネジの緩み

 次の章ではレバーの直し方についてご紹介します。

 

①ハンドルレバーが緩んでいるケース

 

この写真をご覧下さい。
こちらのレバーがちょっと垂れ下がってきてます。
実際に触ってみると多少ぐらつきも出てきてます。
実は、ハンドルのがたつきのほとんどは、レバーの緩みが原因です。

では、こちらのドアノブを調整してみましょう。
ドアノブをよく観察しますと、下部や側面に調整用のネジがついていると思います。
(ネジはプラスドライバーか六角レンチで回す事が出来るものが大半です。もしこれに該当しない場合には工務店さんに相談して下さい。)

 

そのネジを少し緩めてからドアノブを左手で自分の体に押しつけてネジを締めつけます。
押し入れた状態を押さえ込みながら、調整用のネジを時計回りに締めつけていけばOKです。
※最後までしっかりと力を入れてネジを締めつけて下さい。

一人でやるにはどうやるかというと、自分はこの様に行っています。


はい、直りました。がたつかないです。  

 

どうでしたか?
意外に簡単だと思いませんか?
この方法でぐらつきが解消されない方は台座のネジの緩みが原因かもしれませんので、次回はその調整方法について説明しますね。

「ドアノブがぐらぐらしませんか?自分で出来る調整方法の紹介②」

 

家づくりのヒント!情報サイト