そうだ、アトリエをつくろう

  • 2017.10.27
  • ART

みなさん、こんにちは。KAMIYA ART PROJECTメンバーの中村です。

ここのところめっきり寒くなりましたね。なんだか、あたたかい鍋焼きうどんが恋しい季節w

 

 

さて、7月に行われた「ラフ画選定会議」の模様は、先日の高柳のブログでお伝えしたとおり^^

いやいや、ぼく自身も「選ぶ」ということの難しさを感じました。

 

学生さんの作品それぞれに感じた個性や想い。

とてもいいんだけど、もしこんなふうに表現したらどうなるのか、という単純な興味。

でも、それって描きたいものとのギャップになってしまうんじゃないかという心配。

最初に掲げた「KAMIYA × JOSHIBI」の「×(かける)」って、たった1文字だけど、関わる人のいろいろな想いが込められているのかな、と実感した瞬間だったかもしれません。

 

ともあれ、無事にラフ画選定が終わり、いよいよ学生さんに描いてもらう!!

・・・のはいいけど、どこで描いてもらおうか!?

 

そう、それはもういろいろ検討しましたよ。

 

うちはメーカーだから倉庫はあるけど、絵を描くのに十分な照明?

水道は?

塗料を使うから、汚れても平気?

とは言え、展示するのはショールームだから、搬出入を考えると展示する現地の方がいいのか?

いやいや、お客様もいらっしゃるところで?? うーん。。。

 

みたいな(^^;;

 

結果。。。

 

 

 

そうだ、アトリエをつくろう!!

 

 

 

なんか聞いたことのあるフレーズですが、それは置いといて。。。

もう、つくっちゃおうというノリで、ART PROJECTは一時「アトリエつくり隊」にw

 

アトリエの建設場所は弊社倉庫の一角。

5m×8mの規模で計画しました。図面はエクセルですw

   

ここからはダイジェスト。

 

施工課の面々にも協力をあおいで、試験で使用した廃棄ドアを壁の芯に↓↓

より明るくするために、鉄骨梁や天井部分も白く塗装。 もちろん壁紙も貼りまーす↓↓

壁紙が貼り終わったら、最後の仕上げ!! 動画撮影のiPadの画角調整↓↓

で、完成!!

 

 

って、そこに伸びる象の鼻のようなダクトはスルー!?w

 

はい、説明しますね。ちゃんと。

 

この倉庫、7月から暑いんです。それはもうとっても。

そして、学生さんの制作期間がドンピシャでお盆明け。・・・残暑ですよねぇ。

 

なので、スポットクーラーを購入したんですが、稼動音がまぁうるさい(^^;;

クリエイティブな製作活動にはおよそ似つかわしくない音。

結局、排気熱も処理しなければならないので、スポットクーラーはアトリエの外に。

そして、アトリエ内に冷気を送り込むためにやむなくこのダクトをつけた次第でm(_ _)m

 

スポットクーラー自体の音のことは、ちょっと想定外でしたw

 

 

でも、いい感じのアトリエになったんじゃないかな、と思っています^^

この際、床も塗っちゃえば良かったな。。。とか、あとから湧いてくる想いの実現はまた今度。

 

 

さて、アトリエの完成と共にお盆休みに突入!!

 

と、いきたいところでしたが、お盆休み直前のラストミッション。

扉に作品を描いてもらうために、下地としてジェッソと言われる白い塗料を塗りました。

そう、ART PROJECTは再び衣を変え「ジェッソ塗り隊」にw

   

 

次週は、いよいよ制作風景をお届けします♪

それでは今日はこのへんで~^o^

 

 

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

KAMIYA×JOSHIBI ART PROJECT特設サイトはコチラ
↓↓↓
https://www.kamiya-yokohama.co.jp/project/art/